お手軽?!Nゲージ加工講座

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆☆☆MA223-0系にKATOカプラーを取り付ける(その1)

<<   作成日時 : 2009/06/07 00:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本来はそろそろ京阪9000系なのですが、前後して掲載していきたいと思います。
なにせ、電源回路周りと組み込みの問題がありましたのでなかなか先に進んでません。

楽しみにされている方いらっしゃいましたら申し訳ないです。

今回はマイクロエースから223-0系が発売されましたのでこちらから。
ラウンドハウスから223-2500系が発売になるので併結される方がいるんじゃないかということで。

今回の加工に際して注意点があります。

【注意!】
自己責任で行ってください。
 記事を参照したからといって同じようになるとは限りませんので責任は負いかねます
加工後はTNカプラーの装着ができなくなります。
 TN化とお考えの場合は一部の加工のみ参考にしてください

今回は考察編。
デキがかなりいい製品なのですが、どうしても不満があります。
スカートの位置。

加工を減らそうと考えたのですがどうしても気になったので今回のメニューに追加しました。
画像


左から参考のKATO製223-2000系/加工後/加工前です。
スカートの位置が異なるのは側面から見ると良くわかります。

画像

上からKATO製223-2000系/加工後/加工前です。

スカートが引っ込んでいるのがお分かりでしょうか。
今回は先頭車にKATOカプラーを取り付けると同時にスカートの位置と連結器の位置を修正します。
先頭車のスカートと連結器位置の修正についてはTN化でも有効です。

あとは中間車の連結器をKATO製に準拠させます。
画像


最後にもう1こ(笑)
行き先表示をKATO製のものを利用できるようにします。TN化でも有効です。
画像


次回は中間車の加工編です。

2009/06/07追記
先頭車のKATOカプラー化はダミーカプラーを加工するため一部車両にしか行えません。
全先頭車をKATOカプラーにするには既存の製品から胴受けがあるダミーカプラーを用意する必要があります。

★1セット8両をKATOカプラーにするため以下のASSYを使用します。(数量:袋)
ASSYパーツは必要最低限の数のみ購入をお願いします。
4190-C3 クモハ221密連カプラー ×1
4747-1C3 モハ223-2100カプラーセット ×1
4470C3 蜜連カプラー(灰) ×2
Z04-3239 スカート ×1

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




☆☆☆MA223-0系にKATOカプラーを取り付ける(その1) お手軽?!Nゲージ加工講座/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる